殴りアクビでコラボ装備使ってみた

殴りアクビで強化MAXまで持ってったチュウニペンギン使ってみました。

結論はキツネ耳がいらなくなった、ですね。

Cri+15のおかげで、達人槌+勇者靴装備のうちの子だと、対人、対悪魔、対不死がCri 100になって、殴りアクビで行く狩場なら事実上常時クリティカルに。

若干ASPDは落ちてスピポ無しの193は出なくなりますが、スピポだけで対応できるのであまり問題なし。どのみち、狩り時間のタイマーにスピポ使うので。

対深淵のクリティカルのダメが、通常3.8k程度、オラティオ5入れると4.8k程度にUP。どちらも500~600ダメージが増えました。計算上、通常時でも深淵を6~7秒程度で屠れる計算に。

こりゃ強いわ。
付加されてる効果、期限付きじゃないよね??と疑いたくなるレベル。(笑)

エントリー機ってなんだっけ...

  • 投稿日:
  • by

インプレスのWebメディアの中の一つ、AV機器を扱うAV Watchですごく面白い、というか変な記事を書くライターがいます。

スチル撮影が基本のデジタルカメラをビデオカメラ視点のみでレポートする、ある意味変人さん(褒め言葉?)。(笑)

その人がどこかのメルマガで書いてる内容がやっぱりどこかズレていた。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/ex/kodenishi/1045239.html


勝手にアワード、まだやってたんだね

公式見てて気づいた勝手にアワード2016。
まだ続いてたんですね。(笑)

ちなみにわたしも数年前のの受賞者だったり。
でなきゃ、奇跡の青薔薇なんてわたしが持てるわけがない。(笑)

ちなみに、わたしが受賞したときには、ROSNSへの投稿記事数がNo.1、でした。集計時点までにその年999本投稿してたそうな。(´ω`)

今は、ずいぶんペース落ちてるはずですが。
ここまでの累計は7,300本ちょい。

来年狙うなら、まずは、今までの受賞内容の確認、ですかねぇ。
今までやったのは絶対にもう一度来ることはないでしょうから。

しかし、受賞者の皆さんのRO本体側のこだわりっぷりが凄い。そちらでは絶対に可能性ないですねぇ、わたしには。

何年か前の生放送の時に、よくぞROSNSなんてチェックしてくれたものだと。(笑)

最近のRO的日常

ROネタで記事書ける内容がないだけで、RO一応動いてはいるんですよ。

ほぼ毎日、殴りアクビでお城2を30分と、身内で都合と時間が合ったらマランの下水掃除の6点盛り。

どっちも特にイベントなく淡々とこなしてるだけになってるので、記事起こせないわけですが。

お城で深淵Cでも出りゃあねぇ。(´ω`)

一応、レイドCとカリッツCは1枚ずつ。
なぜか出ない禿C。(´ω`)

殴りアクビだととにかく経費がかからないので、絶対に黒字になるのがミソ。今はアスペもマニュアルでかけることがないので、経費はポタの青ジェムとタイマー代わりに使うスピポだけ。

結構、エル、オリ落ちますし。

まあ、経験値どっちもカンストしてる子で行ってるので、所属ギルドを一生懸命育ててるだけになっていますが。(笑)

マラン6点盛りは、身内の皆さんお仕事忙しくなってるので、週に2回いければいい方かなぁ。ただ、短時間でサクッと行ってこられるのは大きいです。

これ、どっかのMVNO業者からお金もらってのステマ記事でしょ。
ひどいわ、これ。(^^;;

2月2日づけてアップされたダイヤモンドオンラインの『5分でわかる「格安スマホ」基本から乗り換え方まで』って記事。

見事に格安SIMの弱点をはぐらかした書き方をしてる。そのあたりの事情に詳しくないユーザーから弱点を隠すために意識してそういう書き方をしたなら、このライター結構なやり手。

インタビュー相手がMVNO業者の営業で、それにすっかり騙されたならただのお馬鹿さん。

狙ってステマ記事にしてないのだとしても、結果的には見事なMVNO礼賛記事になっちゃってますね。

「メディア」を標榜しながら、これってありかいな。さんざキュレーションメディアは叩いておきながら、やってることおんなじじゃん。(^^;;

そもそも本当に「取材」したんかね?

MVNOのプランの弱点は、通常の回線交換式の通話料金がべらぼうに高いことと、時間帯による通信品質の極端な低下の2つです。そこに触れない&はぐらかす書き方は、ステマを疑われても仕方のない書き方になります。

件のダイヤモンドオンラインの記事では、通話料金には一切触れず、通信品質の低下は「人によっては通信速度が遅いと感じる場合もあるという。」で誤魔化してる。

これは酷い。
と、わたしは思います。

通話重視の人は格安SIM使うならば、IP電話を使うかスカイプなどのアプリ通話を使って、通話品質が低下することを分かった上で使わないといけません。

また、今のほとんどの格安SIMは昼休み時間帯に通信速度が極端に低下します。昼休みにはYouTubeの標準画質の動画を見ることもままならないケースが多いでしょう。

そういうのを一切書かないというのは、フェアではないですね。

格安SIM関連の記事でこの2点に触れてないものがあったら、ステマを疑って良いと思います。

格安SIMで普通の回線交換式の通話を月に4時間か5時間使うと、多分、大手キャリアの真の通話し放題プランを使った月額料金超えると思います。